住宅ローンの返済や競売でお困りなら任意売却で解決できます!!
仙台任売ドットコム 
住宅ローン滞納延滞・不動産の競売・差し押さえは任意売却で有利に解決
県内年間300件超の住宅ローン無料相談実績!年間160件超の任意売却成功実績!
フリーダイヤル0120-316-713
ご相談フォームへ
sp

HOME

 あなたの返済状況をチェック
sp
▲ 返済状況で現状のチェック
▲ スケジュールで現段階のチェック
sp
 任意売却とは?
sp
任意売却とは?
任意売却のメリット
任意売却の進め方
任意売却の費用
任意売却の実例紹介
任意売却の豆知識
 競売とは?
sp
▲ 競売とは?
▲ 競売のデメリット
▲ 競売の流れ
sp  
 気になる疑問点
sp
▲ 任意売却vs競売 どっちがお得?
▲ 任意売却後の残債務と支払方法
▲ 残債の各債権者の対応と支払方法
▲ Q&A
▲ 任意売却・競売用語集
▲ 任意売却サポートエリア
▲ 交渉実績・債権者一覧
▲ 金融機関別相談件数割合
▲ 成功事例
▲ お客様の声
sp  
任意売却 成功の5つの秘訣

離婚後のローン解決ガイド5つの秘訣
sp
▲ 弁護士の先生へ
▲ 金融機関の方へ
 
▲ 不動産買取のご相談
【仙台市・宮城県】
▲ 不動産査定のご相談
【仙台市・宮城県】
▲ 任意売却・競売物件のご購入

▲ 会社案内
▲ プライバシーポリシー
▲ サイトマップ
▲ お役立リンク集
   


【任意売却 携帯サイト】
仙台宮城 任意売却相談所
任意携帯サイト

【仙台・宮城 不動産携帯サイト】
競売物件・リフォーム物件情報
物権情報携帯サイト

【仙台任意売却相談所】
住宅ローン相談の姉妹サイト
任意売却相談所

【仙台・宮城 不動産サイト】
不動産買取・不動産査定なら
ハウスマーケット

HOME > Q&A > 住宅ローンについて


Q&A
 

住宅ローンについて


Q1 住宅ローンが払えないんだけど・・・?
Q2 住宅ローンを払えなくなった事が言い出しづらい
Q3 ローンが大変なら消費者金融で借りれば大丈夫?
Q4 既に消費者金融などで借りてしまった・・・
Q5 住宅ローンの返済を延ばしてもらいたい
Q6 住宅ローンの返済が遅れて、督促状が届いたが、どうすればいい?
Q7 「期限の利益を喪失」とは何?
Q8 「代位弁済」とは何?



住宅ローンに関する質問


Q1 住宅ローンが払えないんだけど・・・?
A 住宅ローンが払えなくなると債務者は「期限の利益」を失い、債権者より一括弁済しなさいという督促状が送られてきます。 その後、その抵当物件に競売開始決定の差押登記が入り競売手続きに進みます。
   
Q2 住宅ローンを払えなくなった事が言い出しづらい
A 急病やケガによる休職、治療費の長期負担、リストラ、教育費の高騰、離婚など様々な原因で住宅ローンが払えなくなる方がいらっしゃいます。
相談しづらいので、無理してでも払っておきたいと思われるかもしれません。
しかし後になればなるほど状況が悪化する可能性があります。
同じような境遇でご相談に来る方もたくさんいらっしゃいますし、一種の社会現象と割り切って今後の生活の為にも早い段階でご相談された方が良いでしょう。
  ▲[PAGE TOP]
Q3 ローンが大変なら消費者金融で借りれば大丈夫?
A 住宅ローン返済のために他からお金を借りることはやめましょう。
返済を消費者金融などに頼ろうとした時点で、将来的に返済計画が破綻する可能性が非常に高いと言えます。
お金を借りる前に債権者や弁護士、弊社に相談すべきです。
   
Q4 既に消費者金融などで借りてしまった・・・
A 住宅ローンと消費者金融への返済分の都合がつかないのであれば、今すぐに弊社に相談してください。
競売も任意売却も不動産担保に関する債務処理であって、それ以外の消費者金融などの債務に関しての解決方法ではありません。
さらに借入をするような事態になる前にご相談下さい。
   
Q5 住宅ローンの返済を延ばしてもらいたい
A 住宅ローンの返済が困難な場合、金融機関との話合いで支払い計画の変更が出来る事もありますが、その際、『次回のローン返済を遅延すれば、即座に【期限の利益の喪失】』と一文が付くのが通例になります。(要注意です!!)
  ▲[PAGE TOP]
Q6 住宅ローンの返済が遅れて、督促状が届いたが、どうすればいい?
A 住宅ローンの返済が遅れて、督促状が来た場合そのままにしておくと競売になってしまいますので、債権者と住宅ローン返済方法の調整をするか、支払いが困難であれば早めに任意売却を考えたほうがよいでしょう。すぐに弊社へご相談下さい。
   
Q7 「期限の利益を喪失」とは何?
A

期限の利益とは、分割で支払う債務者の権利です。つまり、住宅ローンを普通に返済している状況では、銀行・債権者はいきなり全額返せという事ができないようになっています。
ところが、債務者が住宅ローンの支払いを滞納し、支払い期日に支払いが出来なくなった場合(自己破産など)など契約時の契約条項に違反が生じた場合に、この期限の利益が失効します。住宅ローン返済中に、期限の利益を失うと、残っている住宅ローンの残額の一括返済を求められます。その方法として、銀行・債権者は競売か、任意売却で自宅を売却して借金を払えと言ってきます。この期限の利益の喪失の通知をもらってから、あわてて住宅ローン支払いの継続を求めても、時すでに遅しです。銀行・債権者は、これ以降一切の分割支払いを受け付けません。

「期限の利益の喪失」の通知をもらってからの選択肢は3つしかありません。

  1. 誰かに残った借金分のお金を借りて、全額一括返済する。
  2. 任意売却で処理する。
  3. 競売で家を処分される。
  ▲[PAGE TOP]
Q8 「代位弁済」とは何?
A

住宅ローンの支払いが滞った場合には、ローン利用者に代わって、債務を保証した信用保証会社や保証協会が残りのローンを支払わなければなりません。これを代位弁済といいます。

住宅ローンの場合、保証会社が肩代わりして銀行などに元本と利息を返済します。

代位弁済になる期間は、銀行により様々ですが、住宅ローンを滞納して約3ヶ月から6ヶ月で代位弁済が行われます。

この際、保証会社は弁済した全額について債務者に対して求償権(支払いを求める権利)を取得し、その範囲で債権者が債務者に対して持っていた担保権などを債権者に代位して行使することができることになります。

   

 

任意売却相談所バナー


▲[PAGE TOP]

SENDAI NINBAI.COM
Copyright (C) 2008 HOUSE MARKET All Rights Reserved.