住宅ローンの返済や競売でお困りなら任意売却で解決できます!!
仙台任売ドットコム 
住宅ローン滞納延滞・不動産の競売・差し押さえは任意売却で有利に解決
県内年間300件超の住宅ローン無料相談実績!年間160件超の任意売却成功実績!
フリーダイヤル0120-316-713
ご相談フォームへ
sp
 

HOME

 あなたの返済状況をチェック
sp
▲ 返済状況で現状のチェック
▲ スケジュールで現段階のチェック
sp
 任意売却とは?
sp
任意売却とは?
任意売却のメリット
任意売却の進め方
任意売却の費用
任意売却の実例紹介
任意売却の豆知識
 競売とは?
sp
任意売却とは?
任意売却のメリット
任意売却の進め方
任意売却の費用
任意売却の実例紹介
任意売却の豆知識
 競売とは?
sp
▲ 競売とは?
▲ 競売のデメリット
▲ 競売の流れ
sp  
 気になる疑問点
sp
▲ 任意売却vs競売 どっちがお得?
▲ 任意売却後の残債務と支払方法
▲ 残債の各債権者の対応と支払方法
▲ Q&A
▲ 任意売却・競売用語集
▲ 任意売却サポートエリア
▲ 交渉実績・債権者一覧
▲ 金融機関別相談件数割合
▲ 成功事例
▲ お客様の声
sp  
任意売却 成功の5つの秘訣
sp
▲ 弁護士の先生へ
▲ 金融機関の方へ
 
▲ 不動産買取のご相談
【仙台市・宮城県】
▲ 不動産査定のご相談
【仙台市・宮城県】
▲ 任意売却・競売物件のご購入

▲ 会社案内
▲ プライバシーポリシー
▲ サイトマップ
▲ お役立リンク集
   

秘訣 その3 離婚する(した)方の為の住宅問題解決

これから離婚する方、また、既に離婚した方でローンの支払いが苦しくなってきた方は、このような事態を避けるためにも、早いうちに不動産の問題を解決しておくことをお勧めします。

 

離婚後の住宅問題

私たちにお任せください。

ローンが残っていても「任意売却」なら売却できます。

二人の財産をきちんと分けて、後腐れなく別れたい。
しかし、ローンが残っているので、すぐには売れない…。

結局どうしていいかわからず、共同名義のマンションなどをそのままにして離婚される方が増えています。しかし、離婚後はお互い別々の生活が始まるので、ライフスタイルの変化から、これまでのようにローンの支払いを続けていけなくなることが少なくありません。
そのため、元パートナーに思わぬ迷惑をかけてしまったり、逆に迷惑をかけられたりというトラブルが後を絶ちません。これから離婚する方、また、既に離婚した方でローンの支払いが苦しくなってきた方は、このような事態を避けるためにも、早いうちに不動産の問題を解決しておくことをお勧めします。ローンの残っている不動産でも、「任意売却」なら、売ることができます。また、「売りたくない、離婚後も今の家に住み続けたい」という方も、後でトラブルにならないよう、名義や連帯保証の状況を確認しておかなければなりません。

離婚に関する、よくある住宅ローンのご相談

共同名義になっている住宅をきちんと離婚時に整理しておかなかったために、後になってトラブルが発生するケースが増えています。下に挙げたのは、離婚をめぐる住宅ローンの典型的なお悩みの例です。


(1)離婚した元夫(妻)が、知らない間にローンを滞納していた

離婚関連のご質問の中で最も多いのは、離婚して数年経ってから、「住宅ローンを支払い続ける約束だった元夫が、知らないうちに滞納を続けていた」という元妻の方からのご相談です。

まとまった財産のない夫婦が離婚する際、元夫が慰謝料代わりに住宅ローンを支払い続けると約束をする方が多いようです。一見合理的な考え方ですが、実はこの約束が後に大きなトラブルの種になることがあるのです。 後に、リストラや病気が原因で元夫の方の収入が激減したり、再婚されて新しい家族との暮らしに思いのほかお金が必要になったりするためです。
自分はまったく住宅ローンを滞納していないのに、「競売開始決定通知」が届いた方は…

元配偶者が住宅ローンを滞納していたり、物件(今お住まいのご自宅)を担保にお金を借りたりしている可能性が非常に高いです。お早めに相手の方と連絡を取ってみてください。競売開始決定通知が届いてからでも、債権者(ローンのお借入先)との交渉で、競売を取り下げてもらえる場合があります。そして、「任意売却」で、競売より少しでも有利な条件で売却を進められます。自分の意思に関係なく強制的に退去させられてしまう競売と違い、任意売却なら引越の時期など、ある程度希望を聞いてもらえる上、引越費用を捻出できるなど、多くのメリットがあります。ただし、名義人(登記上の所有者)全員の同意がなければ、任意売却できません。元夫(妻)とは、できるだけ早く連絡を取ってください。連絡が取れなくてお困りの方は、お気軽にご相談ください。

 

●気持ち的な問題で連絡が取りづらい場合は、仙台任意売却相談所の相談員が間に立って話し合いの調整をお手伝いできます。
●連絡先がわからない、行方不明の場合は、弁護士・司法書士を介して解決をはかる方法もございます。


(2)離婚する(した)ので家を売りたいが、まだローンが残っている

滞納がない方でも、この先ローンの支払が難しい場合や、もう今の家に住むつもりがないので売りたい方には、やはり任意売却をお勧めしています。無理なローンを支払い続けていてやがて破綻し、競売になってしまった方から、過去に多々ご相談をいただいております。そのような事態になる前に、経済的にも精神的にも少しでも余裕のある間に不動産の問題を解決しておくことが重要です。

任意売却とは

任意売却とは、ローンが残っている住宅を、債権者(銀行など、ローンの借入先)の同意を得て売却することです。通常、ローンの残っている住宅は、残高をすべて返済してからでなければ売却できません。
【ローンの残高>物件の現在の価格】の住宅を売却したい場合は、差額を現金で用意してローンを返さなければなりません。差額が用意できない場合は、債権者(借入先)と交渉して、任意売却を行うことになります。ここで行う交渉の中身は、簡単に言えば、

という相反する事情があるためです。他に、引越の費用を確保したり、退去の時期を調整してもらったり、残りのローンをどうやって返済していくかといったことについても話し合います。残ったローンの返済方法については、かなり柔軟に相談に応じてもらえる場合が多いですが、金融機関によっては、返済計画の提出を求められる場合もあります。「家を手放してローンを返さなければならないということは、競売と同じなのでは?」と思われるかもしれません。ところが、競売と任意売却では、精神面でも経済面でも大きな違いがあります。

任意売却のメリット

競売と任意売却のもっとも大きな違いは、少しでも有利な条件で売却できるよう金融機関と話し合うことができる点です。また、売却後の残債についても、無理なく返済できるよう交渉できます。さらに、引越の時期などの相談にも応じてもらえることがほとんどですから、前向きな気持ちで、計画的に新しい生活の準備を始められるのです。

離婚に関する、よくある住宅ローンのご相談

ご相談いただいてから、任意売却が成立するまでにかかる期間は平均で3〜6ヵ月程度です。ただし、債務の状況やご家族の都合などにより、大きく異なりますので、あくまで参考程度とお考えください。

任意売却の流れ

任意売却相談所バナー


▲[PAGE TOP]
SENDAI NINBAI.COM
Copyright (C) 2008 HOUSE MARKET All Rights Reserved.